業者選びの前に確認|大規模修繕工事の必要性とは?設計管理方式で発注するメリットもチェック
ロゴ

優秀な業者の特徴とは?大規模修繕工事の発注方法ランキングもチェック

業者選びの前に確認

工事現場

実績が豊富

基本的に大規模修繕工事の実績が豊富な専門業者を利用するのが一番です。専門業者のホームページで、施工実績を確認するようにしましょう。実績が多れば多いほど、優秀な専門業者だと言えるのです。特に、マンションの工事実績について詳しく調べるようにします。実績が豊富な専門業者なら、満足できる工事を実現することができるでしょう。また、ノウハウも持っているので、的確なアドバイスをしてくれるのです。工法や材料についても知識を持っているでしょう。工事の選択肢も広がるのです。口コミ等も参考にすることで、実績をチェックすることができます。大規模修繕工事を考えているなら、実績の確認はとても重要なチェックポイントとなるでしょう。実績を比較することも大切です。実績豊富で優秀な業者は、多くのマンション管理組合から信頼されています。

プランの提案

一般的に、どこをどう修繕すれば良いのか分かっている人は少ないと言えるでしょう。そのような理由から、様々なプランを提案してくれる専門業者が人気なのです。また、優秀な専門業者なら、将来を見据えた修繕プランを考えてくれます。安心と信頼を確保することができるのです。長い期間マンションの価値を維持することもできます。時代やニーズに合わせた修繕プランを計画することが大事なのです。その為、簡易的な修繕プランでは不十分でしょう。マンションは大規模修繕工事を行なう毎に、進化させる必要があります。進化しないマンションは、時間が立つに連れて価値が落ちてくるでしょう。入居者の数にも影響してしまいます。また、修繕プランによって必要な資金が変わってくるでしょう。資金計画の検討をしてくれる専門業者を利用するようにします。無理のない修繕プランを提案してくれるでしょう。

大規模修繕工事の発注方式ランキング

no.1

設計管理方式

1位に選ばれたのは、設計管理方式です。多くのマンション管理者がこの方法で大規模修繕工事の発注を行っています。基本的に専門の設計事務所に診察検査や施工業者、改修設計の選定などを依頼するのです。さらに、工事を実施する際には工事監理業務を専門の業者に依頼します。施工と診断、改修設計を分けることができるのがメリットです。高い技術力で必要な工事のみを行なうことができるでしょう。責任の所在も明確にすることができます。

no.2

責任施工方式

2位には責任施工方式がランクインです。施工業者に全ての作業を依頼する発注方式のことを言います。一般的に建築士や管理部門を持っている専門業者を選定することになるでしょう。そのため、複数の専門業者を比較することができます。より信頼できる専門業者を選ぶことができるでしょう。さらに、施工に関して綿密な計画を立てることができるのが大きなメリットとなります。施工に関して細かく相談したい方に人気の発注方式です。また、専門家を別で雇うための費用も発生しないでしょう。

no.3

コンストラクションマネジメント方式

3位にランクインしたのは、コンストラクションマネジメント方式です。主に外国で人気の発注方式とされています。コンストラクションマネージャーが発注のサポートや代行を行ってくれるのです。基本的にコンストラクションマネージャーと業務契約を結ぶ必要があるでしょう。専門の知識を持った人に仲介してもらうことで、より安心できるサポートが得られます。コンストラクションマネージャーが工事やコストを分析するのです。

広告募集中